等級認定で非該当になるケースとは?納得いかない場合の対策

十分な賠償金の支払いを受けるためには、正しい後遺障害等級を認定してもらう必要があります。しかし、等級に不服がある場合や非該当とされる可能性も否めず、そういった場合は異議申し立てにより適切な等級が認定されるよう働きかける必要が出てきます。

ここでは、認定された等級や非該当の決定に納得できない場合に、弁護士の力をどう借りるかについて解説します。

十分な賠償金を得るには正しい後遺障害等級の認定が必須

後遺障害の状態は人により様々ですが、より公平かつ迅速な賠償金支払いを実現するために、自賠責保険では後遺障害を等級分けし、該当する賠償金額を支払う仕組みがあります。

被害者としては、自分が負った様々な被害に対する十分な賠償金を得るために、正しく後遺障害を評価認定してもらう必要がありますが、仮に納得のいかない等級や非該当の結果が出てしまった場合、実際の被害に見合わない賠償金額を受け取るしかなくなります。

だからこそ正しい等級認定を受けることは非常に大切であり、そのためには治療時点から先を見据えた行動が不可欠となってくるのです。

不適切な等級認定あるいは、非該当になるには理由がある

等級認定について、期待していたものとは全く異なる結果が出た場合、そもそも医師とのコミュニケーションが十分ではなかった可能性が考えられます。

等級認定の審査では、医師による後遺障害診断書を中心とする様々な提出書類を総合的に判断するため、医師を通して身体的損害や日常生活における不便、精神的な苦痛を伝えなければなりません。

しかしこの点がうまく機能しないと、医師は医師の判断でのみ診断書を作成してしまうので、被害者自身が想定していた等級ではない、あるいは非該当の結果を招きやすいのです。

患者の身体に起きている異変は、自己申告症状がもとになって発見されることも多いため、外からは見えにくいさまざまな違和感や不具合を含め、いかに自分の苦痛を医師に理解してもらうかは非常に重要だと言えます。

例えば「むち打ち症」の場合は、痛みやしびれがあってもレントゲンやMRI、CTなどの画像検査をしても、それを裏付ける所見が得られないことがあります。これを他覚的所見といい、等級認定に大きく影響します。

もしも他覚的所見が得られない場合は、後遺障害診断書にどのような症状があるのか、そしてそれが常時なのか、そうではないのかによって、認定か非該当かの判断が変わってきます。

当事務所はそのような点についても熟知したうえで、適切にサポートすることが可能です。

万が一、不満の残る結果が出てしまった場合は、弁護士の力を借りて異議申し立てを行い、適切な等級を獲得できるようしっかりと働きかける必要があります。

異議申し立て経験が豊富な当事務所までご相談ください

認定された後遺障害等級について被害者が適切ではないと感じた場合、異議申し立ての手続きにより再審査を要求することができます。この時、本来あるべき等級を証明するために、新しく医師の診断書や検査書類等を添付する必要が出てきます。

医師への症状の伝え方についても、特定の部位が痛いという主張だけではなく、何をした時にどのような痛みがあり何に不便するか、といったような詳細な伝え方が求められます。

後遺障害等級認定を目指すうえでの医師との関わり方については、交通事故取り扱い経験が豊富な弁護士事務所の力を借りると、重要ポイントが明らかになり手続きもスムーズに運びやすくなります。

当事務所でも、被害者により有利な計算方法で賠償金額を算出し等級確定後の示談交渉に備えるだけではなく、各種の検査がどのように等級認定に影響するか具体的に依頼者にアドバイスしています。

検査内容についてあまり関心を示さない被害者も少なくありませんが、なぜその検査が必要で、その結果として後遺障害等級にはこのように影響する可能性がある、ということを伝えるのも弁護士の役目となってきます。

医師との連携がよりスムーズになるよう働きかけたり、被害者自身が治療内容へ最大の関心を持つよう説明を尽くしたりする等して、最終的には被害者の症状や不便の程度が正しく等級審査に影響するよう、当事務所では常に先を見た対応を行います。

異議申し立て時には医師から再度診断書をもらう必要がありますが、必要に応じ事前に医師と面談を行い、手紙を添える等して、こちらの状態がより伝わるような工夫も怠りません。

交通事故事件においては後遺障害等級認定が一番重要となってきますので、万が一納得できない等級あるいは非該当の結果が出た後であっても、諦めずに必要な検査を求め、改めて医師との関わりを再構築する等していくことが重要です。

当事務所では異議申し立てについて積極的に取り組んでおり、依頼者の方にもその結果にご満足頂いています。納得のいく結果を手にできるよう徹底的に追求していきますので、ぜひ少しでも早いタイミングでのご相談をお待ちしております。